目の病気に

コンタクトレンズのケースを交換せずに使い続けていると、高確率で目の病気になってしまいます。例えば、コンタクトレンズを装着すると痛みがあったり、やたらと目が乾いてしまったり、目がかゆくなったり、目やにが多いような場合には、コンタクトレンズがキッカケで目の病気になってしまっている可能性があります。

最近増えてきたのがアカントアメーバ角膜炎という病状です。このアカントアメーバ角膜炎の原因となっているのは目に見えない原生動物で、コンタクトレンズの使用によって感染するような場合には、主に水道水が原因となっております。落としてしまったコンタクトレンズを水で洗ったり、コンタクトレンズケースを水で洗い、乾く前にそのまま洗浄液を注いで使うなどが原因で感染する可能性があります。

アカントアメーバ角膜炎は、健康な眼球には感染する事がありませんが、コンタクトの使用で知らず知らずに傷ついている眼球の細かい傷から侵入し、感染してしまいます。初期の段階では自覚症状がありませんので、症状が出てしまった場合には、かなり症状が進行してしまっている状態になります。コンタクトレンズケースの使用方法はもちろん、しっかりと基本通りに使用する事で防げます。